おとなの再・婚活ルーム

私の婚活は無料出会い系サイトへの登録から始まった

calendar

上原です。

この記事では私の再婚に向けての焦りに焦りまくっていた婚活体験談を紹介します(汗)

実はこれから紹介する体験談は、今の旦那様や親友にも話していません。何とか再婚できないかと焦っていたころですからなんか恥ずかしいです!

はっきり言ってプライドはかなぐり捨てて公表します。読んでいただいているあなたは私の名前や年代しかわかりませんのでお話しできるんです。

ぜひとも焦りからくる手あたりしだいの行動をしないように反面教師の再婚活として読んでくださいね。。。

恥ずかしい婚活体験談の初回は、いわゆる出会い系サイト(と言っても信頼できる大手yahoo!のサイト)の体験談です。

始めにお断りしておきますが、出会い系サイトのサービスが悪いということではなくて、登録する人の使い方・考え方に大きく関係するということを書き添えておきます。

考えてみれば、無料で普段の生活では出会えないような異性と出会えるチャンスなんて、とっても良い環境です。後は使う人の心掛け次第だと思うのです。。。

真剣に出会いを求めて、大手恋愛・婚活無料サイトに登録

私が真剣に恋愛や再婚を目指して婚活を始めたのは34歳の時です。

かれこれ10年前のことになります。可能な限り思い出して紹介しますが、忘れていることもありますのでご了承いただければと思います。

当時、私が登録したサイトは誰もが知っているyahoo!の出会いサービスでした。
ご存知かと思いますが、yahoo!パートナーです。

yahoo!を利用している人なら宣伝で一度は目にしたことがあるでしょうし、もしかしたらあなたも登録したことがあるかもしれませんね。

無料のサービスですので、誰でも気軽に登録できるということがメリットでありデメリットにもなります。

とはいえ、Yahoo!パートナーは公的証明書で年齢確認したり、違反者に罰則があったりですので安心と判断しました。
当時の私は婚活にお金をかけるという意識は皆無でしたので、ちょっと迷ったくらいで即登録しました。

その時は34歳という年齢はかなりネック(今考えるとまだまだ大丈夫なのですが(笑))でしたので、出会いがあるということが半信半疑でした。

登録後は思いのほかアプローチあり

30代半ばのバツイチ女性なんかに誰が連絡取ってくるんだろう。。。と期待もしながら疑いもありました。

でも新規登録だと注目度も上がるせいもあって、主に40代や50代、中には年下君からのアプローチもありました!

写真は掲載していなく、プロフィールもそれほどこだわっていたわけではありません。新規参入者のうまみでしょうか^^;
今考えると、間違いなく新しい登録者の注目度アップのせいでしょう!

当時の私は年上のオジサマよりも年下君からのアプローチに心を惹かれました。
私の好みが年下寄りだったということもあり、うれしくて年下君へ返信をして連絡を取ってみました。

ふたりの年下男性と出会った体験談

Yahoo!パートナーを通じて、私は2人の年下男性と実際に会いました。

ふたりとも顔写真は掲載していましたので、若干写真とも違いは感じたものの幻滅するほどの違いはありませんでした。
「うわ~素敵♪タイプ!」ということもありませんでしたが、かえってそのくらいでちょうどいいという思いもありました。

私は写真を掲載していませんでしたが、年齢より若く見られることも多かったですのでそれほどがっかりはさせないかなと思っていました。。。

8歳年下・26歳A君 プータロ?

まず一人目のA君は私より8歳も年下のプータローのような感じの男性です。

聞くところによると、親が経営者で、保有会社のお手伝いなんかができる恵まれた立場にいることがわかりました。

本来ならそんなお宅にお嫁にいけるなんて玉の輿♪と思うところなのでしょうが、A君がバリバリ仕事をしていないことが気になりました。

よーく話を聞いてみるとA君は病弱であまりバリバリ仕事ができないこと、病弱なことは精神的な弱さからくることがわかってきました。

始めのデートは何も不思議に感じることはなかったものの、少しずつ「あれ?この人はちょっと難あり?」と思うところがでてきました。

A君は徐々に自分自身の体調があまり良くないこと、だから約束しても守れないことがあることなど話してくれました。
その通りで約束しても2回に1回は守られていませんでした((+_+))

振り回されているようで嫌でしたが、恐ろしいことに“情”が芽生えてきて友達より濃いけれど恋人じゃない関係は1年くらいは続けていました。

A君は精神的な弱さがあり、それも疾患が原因のようで、具合が悪い時はかなり冷たく振る舞ってきました。実際に主治医もいたようです。

今になって思うとよく関係を続けていたなと思います(汗)30歳を越して離婚してフリーでいることの焦りがA君にこだわっていたのかもしれません。

ちょっとづつ振り回されていることに疲れてきて距離を置くようになり、私の転勤を機にすっかり縁が切れました。

その後ずいぶん経って、今の旦那様と知り合ってから急にメールがきました。
「○○のライブが今度あるって。」唐突でぶっきらぼうな感じです。

○○はA君が大好きで私もそこそこ好きなアーティストです。都合の悪い日だったので、丁寧に連絡くれたことのお礼を書いて返信しました。
当然ですが、その時はA君に対して特別の感情はありません。

「あれ?あっさりしているね。好きだっていうから連絡したのに。」それが返ってきた最後のメールでした。

A君との付き合いは心の波風立ちまくりで決して幸せという訳ではありませんでしたが、恋愛は焦りは禁物という教訓を得ました。

9歳年下・B君 会社員

私が転勤し、A君と連絡をしなくなって半年くらいたったころ、今度は9歳年下の当時27歳のB君と知り合いました。

A君で癖ある男性にはもう勘弁!と思っていたので、普通に感じるB君は見た目はあまりタイプではなかったけれど(笑)いい感じに思いました。

ただ、なんと知り合って2週間後位には今度はB君が転勤するということがわかりました!

せっかく普通の男性と出会ったのにとがっかりしました。

転勤まで2回会って、転勤後はお互いに1回ずつ会って、その後は連絡を取り合わず終わってしまいました。。。

A君は私のことをあまり聞いてきませんでしたので、単なる「遊び」だったのでしょうね。
そんなこともありました。。。

yahoo!パートナーで出会ったふたりの年下男性の共通項

yahoo!パートナーで出会ったふたりの年下男性には「結婚を意識した、または約束した女性と別れたばかり」という共通項がありました。

当時の私も、焦りと自分自身の取っている行動に夢中でしたので相手の心情を知ることはありませんでした。でも冷静になってみると私は年上で甘えさせてくれる都合の良い女性だったのでしょう。

A君は相手女性を両親に合わせたのに、その女性は職場の年配男性と不倫関係にあったそうです。それで破談になったそうですが、それ以来、A君の精神的なダメージは大きかったようです。

当時の私も離婚というつらい経験をしたばかりでしたので受け入れてあげようと頑張ったのですが、無理でした。出会った時期やタイミングなどやはり合わない相手だったのかもしれません。

B君も「付き合って同棲していた女性を振った。」と話していました。B君は数回しか会ったことがありませんのでA君ほど詳しく聞いていませんが、やはり年上の面倒臭くない女性に慰めてほしかったのだと思います。

私自身、かなりせっぱつまっていたのでしょうね。

ネット上で年上女性にアプローチしてくる男性はどんなことを期待しているのか考える余地はありませんでした。

今は「人生、いろんな経験をした方が得じゃない?」と無理にいい思い出にしようとしていますが、本当に顔から火が出る体験談です。

こんな間抜けな女性もいるんだとあなたの心の中だけでとどめておいてください。。。
そして、もしあなたも思い当たる点があったら、一度距離を置いて客観的に見つめなおしてくださいね。

無料サイトを活用するなら攻めの姿勢が必要

最後に、yahoo!パートナーのような無料で利用できるサイトで恋愛相手や婚活をするには、「攻め」の姿勢が必要ということを書き添えておきますね。

特に40歳過ぎての未婚女性はバツイチとか何か訳ありなんじゃないかと思われる可能性大です。

私の場合は自分自身でアプローチすることなく、受け身でいたため婚約者に逃げられてとか彼女がいなくなって寂しい若い男性の慰め役になってしまっていましたが(後は好みの問題で年下を選んでしまっていた。。。)、やはり自分自身で好みの男性にアプローチして見ることがとっても大切だったと痛感しています。

といっても断られ続けたりしたら傷ついてしまいますし、アプローチの仕方など悩んでしまいますよね。

そのあたりについてはこのサイトで近日中に紹介しますので、楽しみにしていただけますと嬉しいです。

上原

トップに戻る

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.